日本脳腫瘍病理学会

The Japan Society of Brain Tumor Pathology

入退会手続き

入退会・変更用PDFダウンロード

 入会・退会・変更の手続きは下記ボタンよりPDFをダウンロードしていただき、 必要項目をご記入のうえ、学会事務局までFAXまたは、maedak@med.nagoya-u.ac.jpへお願いいたします。
【振込先】として年会費をお支払時の郵便振替用紙には、郵便局は「名古屋」、口座番号欄「 00830-8-59869 」、金額欄「¥10000」、加入者名欄「日本脳腫瘍病理学会」とご記入下さい。※ご依頼人欄には、必ず所属と氏名をご記入頂きます様宜しくお願い致します。

※他金融機関からの振込先:○八九店 当座 0059869

  1. 入会届
  2. 退会届
  3. 変更届

※ダウンロードの際、Windowsの方は右クリックより「対象をファイルに保存」を選んでください。

学会概要

名称:日本脳腫瘍病理学会(The Japan Society of Brain Tumor Pathology)
理事長:若林俊彦(名古屋大学大学院医学系研究科 脳神経外科 教授)

事務局

〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65 名古屋大学医学部脳神経外科内
電話:052-744-2355 FAX:052-744-2361
E-mail:maedak@med.nagoya-u.ac.jp
事務局長:夏目 敦至
秘書:前田 恵子
会員数:833名(2009年度)

 
ジャーナルのご紹介

Brain Tumor Pathology

Brain Tumor Pathology Brain Tumor Pathologyは日本脳腫瘍病理学会の国際学術機関誌です。脳腫瘍、特に脳腫瘍病理に関する最新の基礎研究、臨床研究の原著、症例報告、短報、総説を掲載しています。投稿には学会員である必要はありません。インパクトファクターも獲得しました。

Brain Tumor Pathology is the official journal of the Japan Society of Brain Tumor Pathology.
This international journal documents the latest research and topical debate in all clinical and experimental fields relating to brain tumors, especially brain tumor pathology. The journal has been published since 1983 and has been recognized worldwide as a unique journal of high quality. The journal welcomes the submission of manuscripts from any country. Membership in the society is not a prerequisite for submission. The journal publishes original articles, case reports, rapid short communications, instructional lectures, review articles, letters to the editor, and topics. The latter are papers recommended at the annual meeting of the Japan Society of Brain Tumor Pathology. All contributions should be aimed at promoting international scientific collaboration.

Editor-in-Chief:Takashi Komori
URL:http://www.springer.com/medicine/oncology/journal/10014
ISSN:1433-7398 (print version)
ISSN:1861-387X (electronic version)
Journal no.:10014
Publisher:Springer Japan
Impact factor:1.583

トップへ戻る

 
刊行物のご案内

脳腫瘍臨床病理カラーアトラス

脳腫瘍臨床病理カラーアトラス 脳腫瘍に携わるすべての医師の定番書、最新知見を盛り込み全面改訂!
脳腫瘍の臨床像と病理所見を、大判かつ美麗な写真と簡潔な文章により見開きでコンパクトにまとめた、定評あるアトラスの改訂第3版。今版では2007年の新WHO分類に基づき全面改訂。項目を再編し、新腫瘍型もすべて取り入れ、分子生物学をはじめとした最新の知見を盛り込んだ。また、付録として各腫瘍型の遺伝子/染色体異常と免疫組織化学の一覧表も収載。専門医を目指す若手からベテランまで、脳腫瘍に携わるすべての医師必携の書。

版数:第3版
編集:日本脳腫瘍病理学会
編集委員:河本 圭司/吉田 純/中里 洋一
判型:A4
頁:216
発行年:2009年05月
定価:19,950円(本体19,000円+税5%)
ISBN:978-4-260-00792-4

書評

脳腫瘍を疾患単位で簡潔明瞭に理解できる良書
書評者:嘉山 孝正(山形大教授・脳神経外科学)

 1988年に初版が発刊されて以来、脳腫瘍病理の解説書として瞬く間に若手の脳神経外科医、神経病理医の必携書になった『脳腫瘍臨床病理カラーアトラス』の第3版が、第2版以来10年ぶりに改訂された。本書は、神経病理、脳神経外科はもとより神経学、病理学に携わる多くの方から好評を得ているのは周知の通りである。その理由は、初版が発刊された目的にあるように、単に病理診断(組織学的特徴)のみならず、一つ一つの疾患におけるその組織学的特徴が、どのような病態、予後をたどるのかを体系立てて明らかとし、実際の治療に役立てんとすることに主眼を置いている、という他に類書がないためである。

 どんな疾患を治療するにあたっても、「相手を知る」ということが最も重要である。本書は、それぞれの脳腫瘍において、その組織学的分類から、それぞれの腫瘍の本質、病因または病態生理と言い換えてもよいかもしれないが、これを明らかにしようとする意欲、つまるところ治療方針を決定することに役立つように考えられている。本書では、画像所見、組織所見(光学顕微鏡所見、電子顕微鏡所見)、予後などに加え、最近の分子生物学、遺伝子学分野の知見も網羅されており、疾患単位で、現時点でわかっているその生物学的特性を簡潔明瞭に理解することができる良書である。

 また、組織所見の写真が非常に美しく、それぞれの組織型のまさしくスタンダードといえる所見がわかりやすく理解できることも、本書の特筆すべき点である。さまざまな診断技術が向上している現在においても、組織診断がその治療方針の決定にあたり、最重要であることは以前から全く変わりようがない事実である。免疫染色、電子顕微鏡所見と合わせ、診断基準が明確にされており、これから学ぼうとする若手医師はもとより、実際の治療を担当する医師すべてに必要な所見を学ぶことができる。さらに、エッセンスのごとき最新知見がちりばめられており、学問への興味をあらためてかき立てられるよう配慮されている。

 初版の40項目から、第2版の78項目へ大幅に改訂され、この第3版では、2007年のWHO分類の改訂にあわせ、新しく加えられた項目をすべて網羅している。本書は、組織所見つまり組織学的分類から見たおのおのの疾患の理解を深め、臨床に役立ち、学問への探究心をくすぐる。神経疾患にかかわるすべての方に購読をお勧めしたい。

脳腫瘍診療に携わるすべての医療従事者に有用な書籍
書評者:長村 義之(東海大教授・病理診断学)

 この本を開いてみて、まず感銘をうけるのは、(1)多くの脳腫瘍を網羅しながらの理路整然とした組み立て、(2)規則正しく簡潔かつ十二分な各腫瘍についての記述、(3)タイトルにふさわしい美麗かつ的確なカラー図である。本書には、一貫して編集者の哲学が感じられるのが素晴らしい。本書の内容は、総論と各論により構成されている。

 総論は、①歴史、②組織分類、③発生の分子メカニズム、④分子遺伝学と、脳腫瘍の“温故知新”が簡潔にまとめられており、興味深くまた大いに参考になる。特に「脳腫瘍の組織分類」ではWHO分類2007の表にはすべての腫瘍名が網羅されており、中枢神経系腫瘍のWHO gradeでも、表が見やすくgradingが可能となるように配慮されている。「脳腫瘍発生の分子メカニズム」「Astrocytoma、oligodendrogliomaの分子遺伝学」ではこの領域でのアップデートされた最新情報が記載されている。

 各論では、WHO分類2007に準拠して記載されており、グローバルスタンダードにのっとってアップデートした脳腫瘍診断を行うことができる。ここに“誰でも”と付記したくなるくらいに、すべてが明快である。各論では代表的な66疾患が取り上げられているが、記載の簡潔さはもとより、カラー図も、H&E染色、免疫染色、電子顕微鏡など各腫瘍の診断に不可欠の特徴が網羅されている。かつ、われわれ病理医にとっても、極めて有用な画像診断イメージが必ず図示されている。CT、MRI画像などわかりやすく大いに参考になるものと思われる。

 さらに、遺伝性疾患であるNeurofibromatosis1/2、von Hippel-Lindau病、Tuberous sclerosisなどの場合では、遺伝子の突然変異も図示されている。最後に付録として、「表1.脳腫瘍の遺伝子/染色体異常」「表2.脳腫瘍の免疫組織化学」、そして文献が掲載されており有用である。

 本書は、病理医としては、脳腫瘍の病理診断の際に極めて有用であると同時に、脳腫瘍の診療に携わる臨床医にも多くの情報をもたらすものと思う。本書を、研修医、病理医、臨床医および脳腫瘍に関わるすべての医療従事者に極めて有用な書籍として推薦する。

トップへ戻る

 
ジャーナル(学会誌)閲覧方法

※ジャーナルの閲覧には、会費納入後にお知らせする個人アカウントが必要です。

今年度より日本脳腫瘍病理学会も会員の皆様へ電子ジャーナルにて学会誌をお送りさせて頂く運びとなりました。
これも皆様のお陰と感謝申し上げます。
さて、今までと変わる部分でございますが、会費をお納め頂いている会員の方にはこれまで郵送しておりました学会誌(冊子)を今後はパソコンにてご覧頂く事になります。
また、事務局よりお送りさせて頂く個人アカウントを入力頂き、ご覧頂く事になります。
この個人アカウントは会費納入後に、事務局よりお知らせさせて頂きます。

SpringerLinkサイト(コチラから)にアクセスし、画面右の[LOG IN]を押しUSERNAMEとPASSWORDを入力してログインして下さい。

個人アカウント未登録の場合は、ボックス内の[Resister Now]をクリックしてメールアドレスやアルファベットでお名前等を入力いただき、個人アカウントの作成をお願い致します。

USERNAMEもしくはPASSWORDを忘れた場合は、[Forgot your Password?]からメールアドレス等を入力してお手続き下さい。

ログイン後の個人ページから[MY SPRINGERLINK]の[Account Details]に進んでいただき、[Process Token]で下記Tokenを入力して下さい(初回のみ)。

Tokenが有効に SPRなると[MYINGERLINK]の[Saved Items]をクリックすればフルテキスト閲覧可能なジャーナル名が表示されます。

1度Tokenをご入力いただければ、以降Token入力の必要はございません。SpringerLinkにログインすればフルテキストの閲覧が可能となります。(一度入力したTokenは使用できなくなります。)

今回ご案内したTokenは今年中にお使い下さい。Tokenは毎年更新となります。

Brain Tumor Pathology Table of Contents Alertの登録方法

ジャーナルのon line firstのalertをご希望の方はジャーナルホームページ(コチラから)の赤矢印の部分にメールアドレスを登録ください。

注:このメールアドレス登録と学会事務局登録とは無関係です。

メールアドレスの登録のお願い

会員の皆様へは今後メールにてお知らせなどをお送りする事が増えるかと思われますので、アドレスが未登録の方、もしくはアドレスの変更がございましたら事務局までお知らせ下さいます様、併せて宜しくお願い申し上げます。
E-mail : maedak@med.nagoya-u.ac.jp

事務局お問合わせ

日本脳腫瘍病理学会事務局

〒466-8550
名古屋市昭和区鶴舞町65
名古屋大学大学院医学研究科脳神経外科内

TEL:052(744)2355
FAX:052(744)2361
E-mail address
maedak@med.nagoya-u.ac.jp